納骨供養にかかる費用相場

火葬後、しっかり供養してあげたいけど一体「納骨供養」って、いくらくらい費用がかかるの?飼い主さんが気になる相場費用と詳細を紹介しています。

トップページ > ペット火葬のあれこれ > ご葬儀にかかる費用相場 > 納骨供養にかかる費用相場

火葬後、しっかり供養するには一体どのくらいの費用がかかるのか。個別墓や合同墓、ボックスタイプの納骨費用についてまとめました。

納骨供養にかかる費用相場

私たち利用者は「供養」について、普段接することのないサービスなので、費用相場がわかりませんよね。だからと言って、専門家に任せっきりになってはいけません。そこで、そんな「供養初心者」のあなたでもわかる供養についての知識を紹介します。また、葬儀後の供養方法のページで、各種供養方法の詳細を紹介していますので、ここで紹介している費用相場と照らし合わせ、最善の供養をペットに対して行ってください。

合同慰霊碑(合同墓)の相場費用

こちらの納骨供養方法では、「永代供養」という仕組が大半を占めています。簡単にまとめると、最初(納骨時)に一度費用を支払うと、その後の管理費・維持費などは請求されません。(念のため、委託する霊園に直接聞いてくださいね)

費用相場は、約8,000円~30,000万円合同慰霊碑たくさんのペットたちイメージ

 

ただ、気をつけなければならない点は、しっかり管理費・維持費が発生しないかどうかです。

こちらは霊園側に必ず聞く必要があります。霊園によっても様々な供養サービスが存在しますので、「聞いてないよ!」とならないように。お互いに不快な気持ちにならないように、飼い主さん側も気を付けてください。

また、優良な霊園では「合同供養祭」という年間で行う供養行事があります。これは、住職が直接霊園にれ”読経供養”を行ってくれるサービスです。費用相場は3,000円~10,000万円といったところでしょうか。個別でペットの名前を呼んでくれたりもします。この費用とは、住職に対する「気持ち」として費用を支払うものです。こちらは任意でのサービスなので、必要な方は利用することをおススメします。

BOXタイプの納骨費用相場

こちらの納骨供養方法では「年間費」として、支払う場合が多いです。納骨時の最初に一年間の納骨費用を支払い、また一年後に「更新」するか「更新しないか」という年間規約方式が大半です。

費用相場は、5,000円~80,000万円

ここまでの差があるのは、BOXにグレードによるものです。

グレードとは、「位置」や「面積の大きさ」、「質感」や「サービス」など色々分類されています。ここでの注意点は、その区画に提示された費用が正しいかどうかです。この判断はかなり難しいかと思いますが、清潔感の足らない納骨堂や信頼できないようなスタッフが働いているような霊園には預けないことです。

もちろんセキュリティ面でも安心かどうか、飼い主さんが判断しなくてはいけません。納骨する人は、あなただけではないので、知らない人も当然お参りします。なので、質の悪い霊園だと、預けている人に対しても気を付けなければいけません。(ペットの飼い主さんはみんないい人だと思いますが、、、)

また、その霊園に預けたとして、数年後どうするかも決めておかなければいけません。永遠に預けるということであればいいのですが、飼い主さんも生活スタイルが変わる可能性がありますので、その時にこうしたいと思っても、それができなかった場合、選択肢がなくなってしまいます。

例えば、「3年間納骨したら、合同慰霊碑(合同墓)に納骨しよう。」

そのためには、霊園に「合同慰霊碑」が必要です。このように、数年後の供養法も頭に入れ、選んでくださいね。

個別墓

最後に、個別でお墓を購入する場合です。こちらは上記と異なり、管理・維持等は飼い主さん自身が行うことが多いです。もちろん、自身の敷地内に建て、供養する場合は完全に自身での管理が必要です。費用自体は、最初の墓石の購入だけでいいので、長い目で見ればいいかもしれません。

個別墓イメージ

費用相場は、150,000万~250,000万

こちらは墓石の購入費用です。印字する場合(墓石にペットの名前を彫る)は別途に費用が必要になるようです。ペットをたくさん飼われていて、いずれその墓地に埋葬するということであれば、格安かもしれませんね。

ただ、こちらも注意が必要です。それは、上記でも説明したように管理はご自身です。なので、年配の方や忙しい方には不向きかもしれません。管理できる人が身近にいればいいのですが、墓石は一生残り、一生あなたの家族がお世話しなくてはいけません。その保証があればいいのかもしれませんが、ここ最近の人間のお墓の状況を耳にすると、やはり、年々お墓に訪れる家族は少なくなっているようです。

時代は変わり、そのような先祖を重んじる習慣はなくなってきています。それもそのはず、数十年経ってしまうと、お骨の身元を知らない方がどんどんお墓を管理するようになります。あまり言いたくはありませんが、少し押しつけのような感じになってしまうので、私自身はあまりおススメしません。もちろん、家族間で話し合い、一番の方法であればそうするべきだと思いますので、しっかりと話し合い、そのうえで決定してくださいね。

まとめ

納骨供養方法は、3つのパターンに分かれます。また費用相場も上記のように様々です。見てわかるように、安い買い物ではない分、家族間で計画し、決定する必要があります。また、葬儀費用もかかりますので、合わせて考える必要があることをお忘れないように。(ペット葬儀費用の相場はこちらをご覧下さい。

大切なペットの事は、生前だけでなく、葬儀後もしっかりと面倒を見てあげてください。そうすることで、ペットが空からあなたを見守ってくれることでしょう。

▲ PAGE TOP